学校保健室勤務の看護師になりたい

学校の保健室で働くには?

学校保健室勤務の看護師になりたい

「学校保健室」とは、大学等の構内に設置されている保健室のことを指します。学生時代に何度か利用した方も多いのではないでしょうか。 学校保健室の設置目的は、教員等の学校職員や学生の健康管理になります。

小中高校において、保健室で勤務するには「養護教諭」という専門の資格を取得する必要があります。そのため、看護師や保健師への学校保健室求人は、大学の保健管理センター及び、各キャンパスに設置されている保健室や医務室(分室)での勤務がほとんどになります。

看護師の学校保健室における業務内容は、前述のように教職員・学生を対象とした、健康診断や健康相談の実施の他に、健康管理に関連する業務全般となります。小中高の保健室とは異なり、大学においては教職員が対象になる割合が多いようです。

ですから、学校保健室勤務の看護師には、学校保健の分野に留まらず、産業看護や産業保健関連の知識も求められてきます。とはいえ、ほとんど未経験の状態から勤務されるケースが大部分であり、仕事をしてスキルアップをしながら、関連する資格を取得していくことが多いようです。

学校保健室勤務の看護師の採用に際して、重点的に見られるのが、前職における経験と人となりです。 「学校における病院」として、医務室を考えている学校であれば、臨床経験の豊富な看護師、学内における保健指導強化を重視する学校であれば、健康管理業務の経験が豊富な看護師が有利になります。

それに加えて、保健室という場所の敷居が利用者から見て高くならないように、勤務する看護師の性格も重要視されます。面接の際はそのあたりも充分認識しておかなければなりません。

病院勤務の看護師等に比べると、学校保健師勤務の看護師求人の数はそう多くなく、求人が出る時期も、前任者の退職に伴う場合が多いので不定期になる傾向があります。 看護師専門の転職支援サイトでは、このような希少な求人情報もしっかりと供給してくれます。一度利用してみては如何でしょうか。