看護師が人間関係に悩んだ場合、転職が最善の解決方法になる?

看護師転職で得られるものとは?

看護師が人間関係に悩んだ場合、転職が最善の解決方法になる?

看護師の悩みの中でも特に大きいものとして挙げられるのが「人間関係」です。看護師は慢性的な人員不足による精神的・肉体的な疲労・摩耗が大きく、人命を預かるという大きな責任を負っているため、心に余裕を持った状態で業務を行うことが非常に難しい職種です。

さらに、女性の割合が9割を超えるという一種特殊な労働環境のため、女性特有の人間関係の問題が非常に生じやすいというのが実情とされています。

そのため、一度人間関係がこじれると無視や陰口などが横行したり、引き継ぎなどが正常に行われず業務に支障が出るといった問題が起きやすくなり、心身共に疲弊してしまう看護師が出てきてしまうこととなります。

では、もし自分自身が陰口や無視の標的となった場合、やはり人間関係をリセットするために転職するのが一番なのでしょうか?転職を重ね、いくつかの職場を経験した看護師の方々によると、人間関係の悩みを解消する手段として有効なのは「自分自身がうまく立ち回る」という事をおいて他にはない、という意見が多数を占めます。

人間関係をリセットすべく転職をしたとしても、次の職場で周囲を観察し上手く立ち回れなければ、人間関係の問題や悩みを繰り返してしまうというのです。例えば、10年以上のキャリアを持った状態で転職をしたところ、再就職先の看護師がほとんど自分よりも浅いキャリアしか持たなかったとします。

こういった場合、自分の方がキャリアが上だから、という意識で同僚に接していては、正常な人間関係は築けません。いくら経験豊かな看護師でも、転職してきた方は慣習的に「後輩」であり、先に働く人に従う立場にあると言えます。こういった点は当たり前のように見えて、実は多くの看護師が見落とす部分でもあるのです。

そして、何よりも重要なのは、一緒の職場で働く看護師との間に信頼関係を築く、という意識を持つことです。信頼関係を築くためには、自分のスキルや経験を客観的にみて過大評価をしない、一緒に働くスタッフに敬意や感謝を忘れないということが重要となります。

他人に敬意を持てない人、信頼を寄せられない人は、やはり誰からも信頼されません。人間関係に悩んだときは、まず、自分自身が周囲に対して過剰なマイナスイメージを抱いていないか、自分自身を客観的に判断できているかという点を見直してみましょう。

そうすることによって、本当に転職をするべきかどうかが明確になるだけでなく、転職した場合どう立ち回るべきかが明らかになってくるはずです。