看護師の主な転職理由にはどんなものがあるの?

看護師の抱える不満や悩みとは

看護師の主な転職理由にはどんなものがあるの?

看護師の転職理由としてよく挙がるものとして「人間関係の問題」「労働環境を変えたい」「給与アップを目指したい」「労働に応じた適正な給与を得たい」というものがあります。

医療現場では慢性的な人員不足が問題となっており、看護師は過酷な労働環境の下、人命を預かるという非常にストレスの大きな業務を続けています。それに加え、女性が大半を占める職場故の人間関係の難しさから、精神的に追い詰められ、鬱などを発症する方も決して珍しくありません。

こういった過酷な労働環境の下で働く看護師の多くが、より良い職場環境を求めて転職を希望するというのは当然のことだと言えるでしょう。さらに、女性の割合が9割を超える看護師の現場においては、出産や育児と仕事の両立という問題を抱える方も当然多くなってきます。

正社員待遇の看護師の多くは夜勤が課せられ、変則的なシフトによって不規則な生活を強いられますが、この労働条件においては、出産・子育てを両立させるのは不可能です。そのため看護師は、結婚・出産・子育てを理由として転職する方の割合も非常に高いという特徴を持つ職種でもあります。

また、最近ではより高度な医療技術を身に着けたい、専門看護師・認定看護師になるための勉強ができる環境に身を置きたいという理由から転職を希望する方の割合も大きくなってきています。高度な医療現場に立ちたいため民間病院から大学病院への転職を希望したい。

専門看護師・認定看護師取得のための時間確保のため、パート勤務可能な医療機関へ転職したい。このような上昇志向を持ったことから、転職活動を始める看護師の方も増えてきているのです。

このように、看護師の転職理由は以前に比べると少しずつ多様化してきています。それだけに、転職の際には「何故、自分は転職を希望しているのか」という部分をより明確にし、進むべき道を具体的に見定めることが、以前よりもより重要となってきていると言えるでしょう。