看護師5年目が転職適齢期だと言われる理由とは?

5年目の看護師は転職に適している?

看護師5年目が転職適齢期だと言われる理由とは?

何も看護師に限ったことではありませんが、5年目となると、新人さん扱いは終わり、周囲からもそれなりに認められている時期です。組織の中でも小規模のチームリーダ等を任されるケースも出てきます。

業務に必要なスキルは一通り身に付け、人間関係にも慣れて、医師の方との意思疎通も的確に行えるようになって来ているでしょう。お給料もそれなりに上がり始めてきて、病院側から見ても「戦力」と位置付けられる時期です。

そんな時期だけに、馴れ合いから脱却して、敢えて自分のステップアップや、新たなフィールドへの挑戦という目的で、転職を考える方もいらっしゃるようです。 それなりの経験も積み、年齢的にもまだ若い就職5年目は、転職を考える時期としては悪くない言えるでしょう。

5年目での転職のメリットとしては、前述の「一通りのスキルを習得し、リーダークラスの動きも出来る」という点が大きいですが、その他ポイントとして挙げられるのは「丁度良い経験と自信の時期である」ということです。

3年目くらいですと、まだ不安な面がありますが、逆に10年選手に近づいてくると、過信も出てきますし、仕事における「癖」が出来ている場合があります。 看護師として、素直さと自信が程よく混ざった良好な状態が5年目くらい、という訳で、求人側としても望ましい人材と言えるのです。

もう1つは、5年間一つの職場で働いてきているということは、すぐに辞めてしまったり、というリスクも低いというメリットがあります。これは求人側からすれば、長く働いてくれるだろうという安心感に繋がります。 逆に5年目転職のデメリットですが、正直目立ったものはありません。まあ、敢えて探せば「迷いが起き易い時期」と言うことくらいでしょうが、これはどの年代でもあることです。

就職5年目で、看護師としての自分を更に高めたい、もっと違ったワーキングフィールドを経験したい、という方は、思い切って転職を考えてみるのも1つの選択肢かもしれませんね。