30代で転職したい看護師が注意するべきポイントとは

30代看護師が転職する際の注意点をまとめました!

30代で転職したい看護師が注意するべきポイントとは

一般的に、転職活動は年齢が上がるに連れて厳しくなっていくものですが、看護師は一般職よりは転職しやすい業種です。

しかし、30代の転職は20代に比べると、やはり多少不利になる点もあります。ここでは、30代で転職したい看護師に注意してほしいポイントについて見ていきます。

30代看護師が転職する理由は?

そもそも、30代看護師はなぜ転職を決意したのでしょうか。理由は人によって色々ありますが、いくつかのパターンがあります。以下ではよくある転職理由を紹介します。

1.配偶者の転勤

配偶者の転勤で今の病院に通うことが難しくなり、転職を決めるパターンです。都市部に比べ、地方の病院やクリニックは給料が低いことが多いです。地方で転職を考えている看護師の方は、年収が下がることを覚悟する必要があります。

2.給料をアップさせたい

看護師は基本給が少なく、夜勤手当で給料の底上げをしています。夜勤がない、もしくは夜勤手当がつかない病院で働いている場合、収入はどうしても低めになります。そのため、収入を上げるべく転職する看護師は多いです。

3.プライベートと仕事を両立させたい

30代になると、結婚して子供が生まれ、仕事に時間を割くのが難しくなる看護師が増えます。そのため、時間に余裕が持てる病院やクリニックに転職する方も多いです。

4.スキルアップ・キャリアアップしたい

外科に明るい病院、オペ技術に強い病院など、施設によって得意分野は違います。今の病院では自分の専門スキルを伸ばすことが難しい考え、転職を決意する看護師は少なくありません。

また、キャリアアップするために転職する看護師も多数います。例えば、認定看護師や専門看護師などの特別資格を目指すパターンです。資格を取得するためのサポート体制は、病院によって違います。「資格を取りたいのに働いてる病院のサポートが手薄」という方は、転職も視野に入れましょう。

30代看護師が転職する際に有利・不利な点とは


経験豊富な30代看護師は、基本的に転職では有利です。しかし、20代の若い看護師と比較すると、不利な点もいくつかあります。以下では、30代看護師が転職する際に有利・不利なポイントについて詳しく見ていきます。

1.体力や学習能力面では不利

年齢が上がると体力・学習能力ともに衰えます。看護師の仕事はハードなので、体力は特に重要です。忙しい大病院だと30代看護師の転職は不利になり、激務に耐えうる体力がある20代が有利になります。

また、学習能力も20代のほうが高い傾向にあります。病院からすれば、教えたことをすぐに吸収する若い人のほうが魅力的です。そのため、20代の看護師が積極的に採用されます。

2.経験が求められる職場では有利

30代看護師の最大のアピールポイントは「経験」です。特に外科病棟や救急救命、ICUでの勤務経験があると、さらに転職で有利になります。場合によっては有名大学に転職できるケースもあり、これは経験を積んだ30代だからこそ生まれる可能性です。

また、介護施設や訪問看護では近年看護師の需要が高まっており、看護師求人も数多く出ています。「大病院に転職したい」などのこだわりがなければ、30代看護師でも転職先探しに苦労することはまずありません。

30代看護師が転職活動する際の注意点は?


看護師は人手不足なので、一般のサラリーマンなどと比べると転職は難しくありません。看護師の国家資格は1度取得してしまえば更新の必要もなく、生涯有効です。経験も豊富な30代看護師なら、転職で困ることは少ないでしょう。

しかし、引く手あまたな若手看護師よりは、求人の幅はやはり狭まります。ここでは、時間と労力を無駄にしないためにも、30代看護師が転職する際に気をつけるべき点を紹介します。

1.転職活動はハッキリ目的を持って行おう

転職活動を始める前に、「転職する目的とは何なのか」をはっきりさせることから始めましょう。例えば、「家庭とプライベートを両立させて働きたい」というのが目的であれば、勤務時間や夜勤の有無を最優先に考えて求人を選ぶべきです。

最初に決めた目的から外れた職場を選ぶと、後々苦労することになります。働いている時の苦痛はもちろん、再び転職活動を始める際にも厄介です。転職回数が多くなると、面接時の印象が悪くなります。

2.転職支援会社に頼り過ぎは危険

転職支援会社のエージェントを利用し、転職活動を進めるつもりの看護師の方は多いでしょう。もちろん、エージェントに頼ることは悪いことではありません。良質なエージェントに的確なアドバイスをもらえば、より自分に合った求人を探すことが可能でしょう。

しかし、エージェントに頼りすぎるのは危険です。転職会社の利益は、転職成功者数が多いほど増えていきます。そのため、「適当な求人を宛がって数稼ぎを行う」といった悪質なエージェントも、少数ながら存在します。転職会社を利用する際は、エージェントに任せっきりにせず、自分で考え判断することも重要です。

<< 30代で転職したい看護師の注意点まとめ >>

・他の業種と比べ、30代看護師の転職は容易

・転職活動をする前に、まずは「転職する目的」とは何なのかをよく考える

・転職エージェントに頼りすぎは禁物